簡単に借りられる消費者金融の借入限度額は年収の三分の一

銀行ローンやクレジットなどの利用は一般的で殆どの方が住宅ローンやマイカーローンを組まれた経験があるでしょう。小額のローンであれば10%を超える商品もありますが殆どの場合は数十万以上で2年以上といったローンを組まれます。非常に低金利で5%以下で借り入れが出来る商品が多いです。しかしこういった低金利ローンは審査が厳しいというデメリットがあります。
審査が通過できないと購入を諦めるしか方法がありません。こういった諸事情で審査が通らない人たちの為に、消費者金融があります。消費者金融は銀行、カードとは分離された「信用情報」ブラック情報をもっており銀行やカードで事故情報があったとしても借り入れが可能なケースが多いことも利用する側からは有り難いところだといえます。
さて、諸事情で返済できない少なからず事故案件を抱えた債務者がお金を借り入れるのです。そして最大のデメリットは「無担保・無保証人」で簡単にお金を借りられる反面高金利に設定されていて、容易に借りられるという気持ちからついつい借り入れ金額が膨らんでいき多重債務者となって返済に行き詰ってしまうのです。こういった多重債務者の保護という意味からも最高借入額が設定されています。
消費者金融からお金を借り入れできる最高限度額は年収の三分の一と定めれています。複数箇所から借り入れを行っている場合でも合計額は組合の連携により厳重に管理されていますので超過した場合には確実に追加の借り入れは出来なくなってしまいます。現状の借入額を管理していく意味でも一つにまとめて管理する方法が有効です。

関連記事